1. HOME
  2. camera
  3. Inter BEE2023 大手メーカーのホットな話題
camera

Inter BEE2023 大手メーカーのホットな話題

camera

8

11月15日~17日に幕張メッセでInterBeeが開催された。
今年の目玉はソニーBURANO、ほかにも超小型カメラを投入したブラックマジックデザイン、キヤノンの新スペックレンズにニコンの新施設と、大手メーカーから目を引く展示が多かった。

小型化するムービーカメラ

ソニーはハイエンドシネマカメラVenice2を小型化したBURANO投入、今年の目玉の一つだ。

ハイエンドのスペックと手振れ補正を小型化ボディに詰め込んだBURANO

軽量さを体感するため、三脚から降ろして持ってみる人が後を絶たなかった

8.6Kで35mm判フルサイズセンサー搭載・単体重量2.5kg、PLマウントおよびEマウントに対応しており、目玉はPLマウント対応カメラとして世界初の5軸ボディ内手振れ補正に対応。

操作系も扱いやすく洗練され、高品位な映像制作をより少人数でこなせるカメラとなる。
BURANO | ラージセンサーカメラ | ソニー (sony.jp)

 

ブラックマジックデザインブースでは、今年スタジオカメラを推していた。

ブラックマジックの放送用モデルが体験機として並ぶ

放送用モデルURSA Broadcast G2と並んでいたのはMicro Studio Camera 4K G2で、マイクロフォーサーズレンズとキヤノンLP-E6バッテリー規格に対応した超小型カメラだ。

この小さなMicro Studio Camera 4K G2の注目度が高かった

バッテリーはキヤノンLP-E6、小型だがHDMI・12G-SDI入/出力・USB-C端子などを持つ

ビデオ雲台では完全に持て余してしまう小ささからか、かなり注目を浴びていた。超小型ではあるが低照明に強い画質とフォーカスハンドル等のスタジオ撮影アイテムに対する高い拡張性を持つ。
Blackmagic Micro Studio Camera | Blackmagic Design

 

キヤノンRF24-105/2.8L IS USM Zはもはやシネレンズ

シネレンズとしての期待感が高いRF24-105/2.8L IS USM Z

先日発表されたRF24-105/2.8L IS USM Zはインナーズーム・インナーフォーカスを採用し、標準ズームレンズとしては破格の大きさだが、体感的な重量はそれほど重くなくむしろインナーズーム機構により重量移動が生じにくいため、シネマレンズとしての可能性を強く感じさせた。

パワーズームアダプター PZ-E2装着例

EFマウントではAPS-C用でインナーズームのシグマ18-35/1.8がシネマ用レンズとして重宝されてきたが、純正レンズによってその地位が入れ替わりそうだ。
キヤノン:RF24-105mm F2.8 L IS USM Z|概要 (canon.jp)

ニコン関連会社にニコンの機材がない?新施設にかける熱意

ニコンブースでのBoltを用いたデモンストレーション

ムービー戦略で後れを取っていたニコンだが、今年のブースは昨年を大きく超えるの面積で展開。MRMC社の高速小型シネマロボット「Bolt」のデモンストレーションが印象的で、これは東京都大田区平和島にある関連会社ニコンクリエイツの施設で扱っている。
同施設ではボリュメトリックビデオやバーチャルプロダクションといった最新撮影技術の提供を目的としており「実はスタジオにニコンのカメラが1台もないんですよ」と担当の武田氏が自嘲気味に語っていたが、反面今までの枠にとらわれず映像制作技術の研究を推進する意図が現れていた。

Boltにマウントていたのは4K 120p撮影が可能なZ9


新しい映像価値の創造へ|ニコンクリエイツ (nikon.com)

 

レンタル取り扱い商品リクエストを受け付けています

【Inter BEE2023関連記事】

Inter Bee2023 進化する収録機材

Inter BEE2023 恐竜的進化をとげるバッテリーとLED