1. HOME
  2. camera
  3. Inter Bee2023 進化する収録機材
camera

Inter Bee2023 進化する収録機材

camera

8

広がるワイヤレスマイクの可能性

ロードのワイヤレスゴーが先鞭をつけた小型ワイヤレスマイク市場、同社は今年、高機能モデル・ワイヤレスプロを投入した。32bitフロート等音割れ対策やタイムコード等プロの用途に応じた機能、さらにラべリアマイクや充電機能付きケースなど豊富な付属品が魅力。

2.4GHzワイヤレスマイクの先駆者、ロードのワイヤレスプロは32Bitフロート対応でその名の通りプロフェッショナル仕様

RODE Wireless PRO

一方、他社も異なるアプローチで追従する。SYNCOという中国のブランドは、G3 PROを展示。目を見張るのが受信機の大型タッチパネルモニターで、その両サイドにマイクユニットを取り付けられるという利便性の高いパッケージとなっている。ノイズキャンセル機能付き。

受信機の大型タッチモニターが目を引くSYNCO G3PRO。独創的なデザインに筆者が興味津々

なお、現在SYNCOの販路は主にAmazon通販となる

ホーリーランドのLARK MAXは低遅延が売りのLARK 150にノイズキャンセリングを追加したモデルで、先代から引き続き扱いやすいインターフェースと充電器付きケースが付属するなど着実なブラッシュアップが施されている。

低遅延に加えノイズキャンセル機能付きのLARK MAX

HOLLYLAND LARK MAX

ゴドックスはUHFモデルWMicS2を展示。近年流行の2.4Ghzと異なりB帯のようにチャンネル選択が可能で、混信しにくくなっている。確実なチャンネル合わせが必要なシーンで用いたい。

96チャンネルから選択可能なUHFでの通信により混信を防げるWMicS2

GODOX WMicS2

各社ワイヤレスゴーのフォローにとどまらない方向性を提示した。

 

マイクレコーダー、32bitフロートに続々対応

ズームからは32bitフロート対応の「ゲイン調整不要でいきなり本番収録!」という挑戦的なキャッチコピーが用いられたマイクトラックレコーダーMシリーズが展示された。

4トラック対応のM4、オンカメラ対応のガンマイク型M3、ハンドベル型のM2というラインナップになっており、スタンダードなスタイルで様々な用途・現場で重宝しそうだ。

32bitフロートレコーダーのMシリーズ、4トラック・ガンマイク・ハンドベルとスタンダードなラインナップ

ZOOM マイクトラックレコーダー

小型ピンマイクレコーダーの定番タスカム・DR-10Lの後継機DR-10L Proは、32bitフロートとBluetoothアダプターAK-BT1との組み合わせによりタイムコードやスマホでの複数台同時コントロールに対応する。

DR-10L Proはタイムコードやスマホ操作でより便利に使える

ムービー撮影から会議の記録まで、より快適な運用に期待できる。

TASCAM DR-10L Pro

アトモスはレコーダーリニューアル ULTRA登場

シネマ用途で定評のあるアトモス社製ビデオモニターレコーダーのラインナップがリニューアルされた。

毎回恒例のアトモスラインナップ展示

5インチで拡張性に優れたNINJAと7インチで無線通信機能を標準搭載した

SHOUGUNの2ラインを展開し、それぞれ8K 30p/4K 120pに対応した上位版ULTRAが用意される。

新OSによりインターフェースが改善され、より直感的に操作できるようになったことも嬉しいポイント。

小型で拡張性重視のNINJA、大型で無線機能標準搭載のSHOUGUN、さらにそれぞれ8K 30p/4K 120p対応の上位機種ULTRAが用意される

ATOMOS JAPAN

 

レンタル取り扱い商品リクエストを受け付けています

【Inter BEE2023関連記事】

Inter BEE2023 大手メーカーのホットな話題

Inter BEE2023 恐竜的進化をとげるバッテリーとLED